茶の本

岩波文庫 青115-1

岡倉 覚三 / 村岡 博

1961年6月5日

岩波書店

550円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 美容・暮らし・健康・料理 / 文庫

茶の湯によって精神を修養し、交際の礼法をきわめるのが茶道である。その理想は、禅でいうところの「自性了解」の悟りの境に至ることにある。この本は、そうした「茶」を西洋人に理解させるために著者(1862-1913)が英文で書いたもので、単なる茶道の概説書ではなく、日本に関する独自の文明論ともいうべき名著。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.04

読みたい

8

未読

12

読書中

8

既読

34

未指定

83

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください