史記世家(下)

岩波文庫

司馬遷 / 小川環樹

1991年8月31日

岩波書店

770円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」身は作男ながら大望を抱く陳勝は、やがて呉広とともに秦の圧政に抗して挙兵。これをきっかけに、諸侯は風のごとく起ち、時代は一気に漢の建国へと向かってゆく。秦滅亡のさきがけを果たした陳勝の他、下巻では、漢の高祖を補佐した諸侯の事績が述べられる。人名・地名索引を付す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

たきひろ

(無題)

starstarstarstar 4.0 2023年07月26日

上・中と比べてものすごく短いのであっという間。でも書き方に慣れてきたのかすらすらと読めるようになった。下巻は漢の時代の将軍や宰相の話なので上・中と比べると少し異色。所々に出てくる劉邦の発言からどんな性格だったのかがよくわかって楽しい。

全部を表示

たきひろ

(無題)

starstarstarstar 4.0 2022年10月29日

上・中と比べてものすごく短いのであっという間。でも書き方に慣れてきたのかすらすらと読めるようになった。下巻は漢の時代の将軍や宰相の話なので上・中と比べると少し異色。所々に出てくる劉邦の発言からどんな性格だったのかがよくわかって楽しい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください