春秋左氏伝 下

岩波文庫 青216-3

小倉 芳彦

1989年5月16日

岩波書店

1,452円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

季氏の排除に失敗した魯の昭公は、都から脱出して国境地帯を八年間も流浪した末に死去した。季氏の立場を認めるか昭公を支持するかをめぐって魯をとりまく諸公の間で利害が錯綜する。春秋時代は末期に入って下剋上の様相を深めてゆく…。懇切な解説を付した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstarstar 5

読みたい

4

未読

5

読書中

0

既読

11

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

たきひろ

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2023年07月26日

BC541~BC468まで。だんだんといさかい事が増え、細かい争いが増えてくる。解説に他の春秋の伝との違いやこれまでの左氏伝の扱われ方、日本での翻訳リストなど、本編と並べて興味深い内容が記されている。

全部を表示

たきひろ

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2022年10月29日

BC541~BC468まで。だんだんといさかい事が増え、細かい争いが増えてくる。解説に他の春秋の伝との違いやこれまでの左氏伝の扱われ方、日本での翻訳リストなど、本編と並べて興味深い内容が記されている。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください