パイドン

魂の不死について

岩波文庫

プラトン / 岩田靖夫

1998年2月28日

岩波書店

792円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

人間のうちにあってわれわれを支配し、イデアを把握する力を持つ魂は、永遠不滅のイデアの世界と同族のものである。死は魂の消滅ではなく、人間のうちにある神的な霊魂の肉体の牢獄からの解放であるーソクラテスの最期のときという設定で行われた「魂の不死」についての対話。『国家』へと続くプラトン中期の代表作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.93

読みたい

1

未読

1

読書中

2

既読

11

未指定

17

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください