哲学の貧困

岩波文庫

カール・ハインリヒ・マルクス / 山村喬

2016年2月29日

岩波書店

946円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

「生ぬるい」プルードンへの批判

-- 2021年09月28日

リカードの労働価値説を基盤に、生産物が労働者のものとなるべきであることや、またブルジョアと労働者の間で融和的な貧困解決を主張するプルードンに対し、マルクスはブルジョアと労働者の生産関係を正しく捉えておらず、生産物は労働者のものになり得ない、搾取構造が有る限り、融和的な解決などあり得ない、ブルショア経済学の乗せられていると厳しく批判する。この書物では後の資本論に至るような、マルクス経済学の基本概念が様々取り扱われる。科学的に生産関係を理解すべきこと、そこにはブルジョアと労働者の闘争しかないこと、こうした点が本書で示される。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください