栽培植物と農耕の起源

岩波新書

中尾佐助

1966年1月1日

岩波書店

880円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 新書

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.95

読みたい

8

未読

7

読書中

0

既読

6

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Tojo Hiroyuki

農業の歴史は栽培植物の中に書き込まれている

starstarstar
star
3.3 2022年04月09日

“誰が、いつ、どこで、その素晴らしい貢献をしたのかを中心として考えると、全世界史の体系は一変する。それは権力や戦争の歴史でもなく、芸術やいわゆる消費的文化の歴史とも全く違った、全世界の民衆が参加してできた農業の歴史が浮かび上がってくるのである。”あとがき 自分の知識不足でその書かれている内容が何を意味するのかがよくわからなかった。 あまりサービス精神のある書き方ではなく物語性は控えめで、その意図しているはずの農耕文化の驚きが読み取れなかった。学術的な丁寧な情報の提供というか。 ただ、人間との関わりの中で生じた植物グループというものが人間の歴史に寄り添ってきたことを思うと植物の見え方が変わるよね。 宮崎駿がシュナの物語を描くにあたり影響のあった本とのことで読んだのです。この内容が物語を創造するのは流石。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください