ことばと国家

岩波新書

田中 克彦

1981年11月20日

岩波書店

880円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

だれしも母を選ぶことができないように、生まれてくる子どもにはことばを選ぶ権利はない。その母語が、あるものは野卑な方言とされ、あるいは権威ある国家語とされるのはなぜか。国家語成立の過程で作り出されることばの差別の諸相を明らかにし、ユダヤ人や植民地住民など、無国籍の雑種言語を母語とする人びとのたたかいを描き出す。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.35

読みたい

4

未読

6

読書中

2

既読

9

未指定

42

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください