幕末の大奥

天璋院と薩摩藩

岩波新書

畑尚子

2007年12月31日

岩波書店

814円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

外様大名島津家(薩摩藩)分家の出身であった天璋院(篤姫、一八三五ー八三)がなぜ十三代将軍徳川家定と婚礼を挙げることになったのか。また婚礼の前に近衛家の養女となり、近衛家からの嫁入りという形式をとったのはなぜか。薩摩藩と江戸城大奥の歴史的なつながりを解き明かし、将軍家最後の大奥を取りしきった波乱の生涯をたどる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

3

未読

1

読書中

0

既読

7

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください