近代秀歌

岩波新書 新赤版1407

永田 和宏

2013年1月22日

岩波書店

946円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

「やは肌のあつき血汐にふれも見で」「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ」-懐かしくも新鮮な歌の数々は、日本人の感性の源として、永遠に伝えていくべき豊かな財産である。明治・大正期を中心に、“日本人ならこれだけは知っておいて欲しい”近代一〇〇首を当代随一の歌人が選び、心熱くなるエッセイとともに未来へ贈る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.7

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

14

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください