パウロ

十字架の使徒

岩波新書 新赤版1635

青野 太潮

2016年12月22日

岩波書店

836円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

キリスト教の礎を築き、世界宗教への端緒をひらいたパウロ(紀元前後ー六〇年頃)。この人物なくして、今日のキリスト教はないと言っても過言ではない。アウグスティヌス、ルターに多大な影響を与えたといわれる、パウロの「十字架の逆説」とは何か。波乱と苦難の生涯をたどり、「最初の神学者」の思想の核心をさぐる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

2

読書中

0

既読

4

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください