茶と琉球人

岩波新書 新赤版 1700

武井 弘一

2018年1月22日

岩波書店

858円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会 / 美容・暮らし・健康・料理 / 新書

近世琉球で、どのようなモノが、どこで生産され、誰が流通をにない、どのように消費されていたのか。大国の狭間で翻弄されつつも、日常的に茶をたしなみ、“ゆたかに”農業型社会を築いていた人びとの暮らしぶりは?庶民の姿と多様な地域性とに焦点を当て、「薩摩の世」時代の沖縄の自立を問う。モノからみた琉球史!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

2

未読

3

読書中

0

既読

4

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください