族譜・李朝残影

岩波現代文庫 文芸123

梶山 季之

2007年8月17日

岩波書店

1,078円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

朝鮮で植民地官僚の家庭に生まれ、敗戦の年に内地に引き揚げた著者は朝鮮を舞台にした作品を何作も執筆している。創氏改名が朝鮮の人々をいかに蹂躙したかを描いた「族譜」。日本軍の民衆虐殺事件が作品の要となる「李朝残影」。いずれも朝鮮植民地支配と日本人の責任を問いかけ、朝鮮民衆の受難を描いた作品として極めて完成度が高い。昭和二〇年八月十五日を主題にした自伝的小説「性欲のある風景」も収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

6

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年12月03日

地形的にも時代的にも近いからか 胸に迫る朝鮮の人々の悲痛な様子が 鮮明になり辛いながらもぐいぐい読み進めた作品 授業の中で四文字熟語を覚える感覚しかなかった言葉に肉がついた 中身を伴うことができた作品 読んでよかった

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください