孤獨の人

岩波現代文庫

藤島泰輔

2012年5月31日

岩波書店

1,012円(税込)

小説・エッセイ

「殿下がね。貴様のこと、どんな奴だって聞いてたよ…友達を増やしたいって言うんだ」-学習院中等科以来十年、今上天皇(当時皇太子)と学友だった著者が、孤独の人、皇太子に青春を与えよという熱い思いをもって、学習院高等科を舞台に描いた学園青春小説。一九五六年に発表すると国会で取り上げられたり映画化もされるなど、当時大きな反響をよんだ。三島由紀夫が序を寄せる。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください