二十四の瞳

必読名作シリ-ズ

壷井栄

1989年4月30日

旺文社

469円(税込)

絵本・児童書・図鑑

美しい自然に囲まれた瀬戸内海の小豆島に、ひとりの若いおなご先生、大石久子が赴任してきた。このおなご先生と分教場の12人の子供たちの間に、戦争をはさんで20数年間にわたる暖かい心のふれあいが生まれ、そして、さまざまの人生が展開される。-女教師の心の広さと愛情を通して戦争否定を訴えた壷井文学の傑作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください