華の棺

西村京太郎

2006年11月30日

朝日新聞出版

1,650円(税込)

小説・エッセイ

女流作家・夏子は、矢木と「京都の二人」と呼ばれながら、結婚に踏み切れない。推理小説界を二分する両雄、志賀と蔵田の、夏子をめぐる愛の確執。やがて、ふたつの巨星は堕ち、矢木は病に倒れ不自由な身となった。華やかで驕慢な夏子の初めての敗北。矢木への真実の愛に生きようとしたその時、夏子の命もまた…。ミステリーの女王・山村美紗、没後10年。30年来の恋人、西村京太郎が哀惜の思いを込めてつづる鎮魂の長編小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください