EPITAPH東京

恩田陸

2015年3月6日

朝日新聞出版

1,870円(税込)

小説・エッセイ

東日本大震災を経て、東京五輪へ。少しずつ変貌していく「東京」-。その東京を舞台にした戯曲「エピタフ東京」を書きあぐねている“筆者”は、ある日、自らを吸血鬼だと名乗る謎の人物・吉屋と出会う。吉屋は、筆者に「東京の秘密を探るためのポイントは、死者です」と囁きかけるのだが…。将門の首塚、天皇陵…東京の死者の痕跡をたどる筆者の日常が描かれる「piece」。徐々に完成に向かう戯曲の内容が明かされる作中作「エピタフ東京」。吉屋の視点から語られる「drawing」。三つの物語がたどり着く、その先にあるものとはー。これは、ファンタジーか?ドキュメンタリーか?「過去」「現在」「未来」…一体、いつの物語なのか。ジャンルを越境していく、恩田ワールドの真骨頂!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstar
star
2.63

読みたい

1

未読

5

読書中

1

既読

21

未指定

9

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

何を読んでいるのかわからなくなる

starstar 2.0 2020年12月30日

小説の体を取ったエッセイだった。エッセイだった苦手な私にはやや苦痛だった。終わり方も私には理解できなかった。この作品にいつもの恩田さんのストーリー性を求めてはならない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください