月夜の森の梟

小池真理子

2021年11月5日

朝日新聞出版

1,320円(税込)

小説・エッセイ

「年をとったおまえを見たかった。見られないとわかると残念だな」作家夫婦は病と死に向きあい、どのように過ごしたのか。残された著者は過去の記憶の不意うちに苦しみ、その後を生き抜く。心の底から生きることを励ます喪失エッセイ52編。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(15

starstarstar
star
3.85

読みたい

41

未読

2

読書中

3

既読

99

未指定

92

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

onochin

かたわれ

starstarstar 3.0 2023年10月30日

こんなにも人を愛せるのか。かたわれだったからこそなのか?

全部を表示

onochin

かたわれ

starstarstar 3.0 2022年05月08日

こんなにも人を愛せるのか。かたわれだったからこそなのか?

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください