海峡を越えたホ-ムラン

祖国という名の異文化

朝日文庫

関川夏央

1988年7月1日

朝日新聞出版

572円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

玄界灘を渡って、韓国プロ野球に身を投じた福士明夫、新浦寿夫ら在日僑胞出身選手たち。日本文化の中で育った彼らがまず当惑したのは、言葉と習慣と食事の落差だった。野球を仕事とする男たちが「祖国」にみた異文化への違和と同胞への共感、その対立感情併存の姿と推移を克明にたどった新感覚ドキュメント。講談社ノンフィクション賞受賞。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

4

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください