遠い崖(4)

アーネスト・サトウ日記抄

朝日文庫

萩原延寿

2007年11月30日

朝日新聞出版

924円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

第二次長州戦争の敗北と家茂の死。危機のなか第十五代将軍となった慶喜との謁見をめぐり、中立を掲げる英国公使パークスと幕府寄りの仏国公使ロッシュに駆け引きが生じる。慶喜はその識見と人間的魅力でパークスを強くとらえた。雄藩連合政権か、徳川幕府の独裁か。「情報将校」サトウが縦横に活躍する。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.1

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください