記憶喪失になったぼくが見た世界

朝日文庫

坪倉優介

2011年1月31日

朝日新聞出版

616円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

18歳の美大生が交通事故で記憶喪失になる。それは自身のことだけでなく、食べる、眠るなどの感覚さえ分からなくなるという状態だったー。そんな彼が徐々に周囲を理解し「新しい自分」を生き始め、草木染職人として独立するまでを綴った手記。感動のノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstar
star
2.9

読みたい

2

未読

1

読書中

0

既読

17

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください