極北クレイマー(上)

朝日文庫

海堂尊

2011年3月31日

朝日新聞出版

528円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

財政破綻にあえぐ極北市。赤字五ツ星の極北市民病院に赴任した非常勤外科医・今中は、あからさまに対立する院長と事務長、意欲のない病院職員、不衛生な病床にずさんなカルテ管理など、問題山積・曲者揃いの医療現場に愕然とする。そんななか謎の派遣女医・姫宮がやってきてー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.9

読みたい

2

未読

23

読書中

0

既読

117

未指定

153

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.4 2018年01月28日

市民病院に勤務する非常勤医師を主人公にして地域医療問題をテーマに病院のずさんな実態を描き出しています。極北市民病院非常勤医師今中良夫は、赴任早々に対立する院長と事務長、意欲のない病院職員、不衛生な病床にずさんなカルテ管理などを目の当たりにします。そして病院の経営は極北市の「赤字五つ星」に数えられるほど悪化していました。この病院で唯一真っ当なのは、産科医師の三枝久広でしたが、以前手術中に妊婦が死亡する事件に見舞われ、医療事故とされる可能性も噂されていました。 病棟スタッフに白い目で見られながらも病院の改革に地道な努力をする今中の前に、派遣医師として皮膚科医の姫宮香織がやって来ました。姫宮の存在は、この小説にあって実に爽快です。彼女が呼び起こした嵐は病院を少なからず変えていってしまいます。ところが、水面下では医療ジャーナリストの西園寺さやかが、三枝の事件で死んだ妊婦の遺族の広崎宏明を巻き込んで暗躍していたのでした。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください