雅子さまと「新型うつ」

朝日新書

香山リカ

2009年3月31日

朝日新聞出版

770円(税込)

美容・暮らし・健康・料理 / 新書

仕事中はうつ、私生活では活動的ー。働き盛りの男女に増えている「新型うつ」。従来型うつの常識が通用しない新たな国民病に、医師も患者も周囲もとまどっている。「皇室」という日本社会の映し鏡を通して、気鋭の精神科医が現代人の「心」の病の深層に迫る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar
star
3.5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar
star
3.5 2018年01月29日

この本で始めて「新型うつ病」という言葉を知った。本書の趣旨は、雅子さまの病気は環境不適合にあるという事なのだろうが、著者は「新型うつ病」にふれている。診察室でふれあう患者に?を感じることがるという。その特徴は、まず自分がうつ病であることを明言するという。うつ病だから休職します。という。そして、気分転換のため海外旅行に行ってきました、という。企業の人事担当者にとっては実に厄介な存在だ。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください