歴史の読み解き方

江戸期日本の危機管理に学ぶ

朝日新書

磯田道史

2013年11月13日

朝日新聞出版

836円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

幕末日本で唯一GDPを計算していた長州藩のリテラシーの高さ、「いかに想定外をなくすか」-極めて実践的な「郷中教育」に育まれた薩摩藩。先達の叡智から日本の未来を切り開く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.37

読みたい

6

未読

4

読書中

0

既読

27

未指定

27

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

マツモトユリ

なぜ濃尾平野から天下人が生まれたのか

starstarstar 3.0 2022年08月06日

戦国時代で不思議に思うことの一つには、どうして濃尾平野から天下人が3人も生まれたのかということではないでしょうか。これを個人の資質に求めるのではなく、濃尾平野の持つ兵農分離が進みやすい自然的・経済的条件から説明し、中央集権的な武士団を作り上げる…なるほどと納得しながら読み始めました。 甲賀忍者の真実とは…江戸時代の治安文化は…など、磯田氏の声が聞こえてくるような、歴史の読み解き方を知ることのできる一冊です。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください