襲撃

中田カウスの1000日戦争

西岡研介

2009年11月30日

朝日新聞出版

1,760円(税込)

人文・思想・社会

「怪芸人」と呼ばれた中田カウスは一体、誰から、なぜ襲撃されなければならなかったのか?創業から90年余で、800人のタレントを抱え、年商490億円を誇るに至った「お笑い帝国」が抱える宿痾とは…勃発から1000日。怪しげな人々が跳梁跋扈し、マスコミや警察をも巻き込んだ、吉本興業創業家VS.現経営陣の“お家騒動”の真相を、「中田カウス襲撃事件」を端緒に抉り出す、渾身のノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください