やがて僕は大軍師と呼ばれるらしい(1)

MF文庫J

芝村 裕吏 / 片桐 雛太

2019年9月25日

KADOKAWA

682円(税込)

ライトノベル

人類が圧倒的な銃の力で、ファンタジー種族を滅ぼしゆく時代ーエルフの村で育った人間の少年・ガーディは、村の掟を破ったことで追放され、金貨姫フローリンが治めるイントラシア領に身を寄せる。剣も槍もロクに扱えず、秘められし権能すらも“究極のお人好し”という戦乱の世ではどうしようもない有様のガーディ。けれど、エルフの村でバカにされながらも培った知恵と経験、そして誰もが呆れた彼の“優しさ”が、過酷な戦争の中で空前絶後の伝説を生み出していくーのちの世で大軍師として語り継がれる少年の異端の英雄譚、登場!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

7

未読

1

読書中

1

既読

3

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください