白般若は語らない

富士見L文庫

北國浩二

2015年8月11日

KADOKAWA

682円(税込)

ライトノベル

ダサ眼鏡のへんくつ顧問代理・雨堂愁介と、新進気鋭のイケメン能楽師・筧清隆が率いる文明館大学能楽サークル。十柱能見学のため、山形県十柱村に向かった彼らを待ち受けていたのはー殺人事件!さらに一人の少女が村から消えて…。残された白般若の面は何を意味するのか?十五年前に殺された少女とは?「白般若は女性の深い孤独と悲しみも表す。そうですね?」隠された悲劇と秘密。雨堂と筧が導き出す、語らない白般若からの伝言とはー?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

9

未読

14

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください