九十九さん家のあやかし事情(4)

富士見L文庫

椎名蓮月

2016年6月10日

KADOKAWA

682円(税込)

ライトノベル

亡き父からの手紙に端を発した一連のあやかし事情ーあかねを迎えに来るという“あやかしの許嫁”天邪鬼の縺れた絆をほどいた九十九家の兄妹たち。五人の兄の不思議な力は失われたものの、元の穏やかな日々が戻っていた。やがて春も過ぎた頃。近所で暮らすあやかし達から、気になる情報がもたらされる。大神のあやかしを従えた謎の人物が、かつてあかねたちが封印を解いた“あやかしを封じる箱”を求め、各地の社を訪ね回っているそうで…?あやかしと共にあるもう一つの家族の形に、兄妹たちは触れていく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

3

未読

2

読書中

1

既読

19

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください