被害者探偵 その美貌、僕の推理に役立ててみないか?(1)

富士見L文庫

愁堂 れな / 菅野 文

2016年8月13日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

生まれもった美貌をまったく活かせていない残念イケメンの三ノ宮美人。いまもブラック企業でノルマ未達成による60万円の支払いという危機にあった。ダメ元で飛び込んだ営業先で影の薄い探偵・影山と強面刑事の日高と出逢い、日高が社長に直訴してくれたことで奇跡的にブラック企業から足を洗えたのだが…次の就職先として「影山探偵事務所」を勧められ?しかも「君には『影山探偵』になってもらう」って!?それって詐欺じゃないの!?僕が探偵なら、本当の探偵・影山の役割ってー?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

3

読書中

0

既読

5

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください