スパイ教室 短編集02 私を愛したスパイ先生(2)

ファンタジア文庫

竹町 / トマリ

2021年12月18日

KADOKAWA

726円(税込)

ライトノベル

死亡率九割を超える“不可能任務”に挑む機関ー灯ー。その前身、かつて戦争を終結させたスパイチームの頂点ー焔ーのリーダー『紅炉』は、絶望の縁から救い出した幼き少女・ティアに、自身の死を前に希望と詳細不明の『鍵』を託した。時は経ち、ティアは鍵の用途を求め、ついに錠がかけられた箱を発見する。慎重に箱を開けると紅炉の遺言が記されていた。「クラウスは、アナタを  ている」肝心な箇所が空白になった紅炉の遺言を発端にして、勘違いが勘違いを生み、『灯』全体を巻き込む大騒動が勃発してしまう!?『スパイ教室』シリーズ短編集第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.55

読みたい

7

未読

15

読書中

0

既読

33

未指定

37

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください