ピンポンさん

角川文庫

城島 充

2011年12月22日

KADOKAWA

792円(税込)

ホビー・スポーツ・美術 / 文庫

かつて吉祥寺で小さな卓球場を営んでいた上原久枝は、荻村伊智朗と過ごした日々を今でも鮮明に覚えている。高1で卓球をはじめ、わずか5年で世界の頂点に立った男は、人生のすべてを競技に捧げた。その後の国際卓球連盟会長就任、ピンポン外交など、62歳で生涯を終えるまで、「世界のオギムラ」が駆け抜けた波爛万丈の生き様と、彼を支え続けた一人の女性の献身。勝負に挑む熱い思いがほとばしる、感動の傑作ノンフィクション。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

star 1

読みたい

184

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

6

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

ノーベル平和賞をもらってもおかしくない、と言われた日本人卓球選手がいた

--
0
2019年12月15日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください