ちょんまげ、くろにくる

ぽんぽこもののけ江戸語り

角川文庫

高橋由太

2012年3月31日

角川書店

565円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

狐の化け物・葛葉姫と、その子・安倍晴明に江戸城が占拠されてしまった!小次郎、廉也、弥生、そして過去から蘇った真田幸村、雑賀孫一らは、江戸城奪還のために城に向かうが、白狐の姿をした葛葉姫は、なぜか彼らを待ち受け、城に導くのだった。果たして小次郎たちにどんな罠と敵が待ち構えているのかー!?亡霊出現から始まった“ちょんまげ、ばさら”事件、最終決戦。江戸の空に火の粉と狸舞う!“小次郎編”完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

2

読書中

0

既読

7

未指定

15

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください