天地明察(下)

角川文庫

冲方 丁

2012年5月18日

KADOKAWA

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「この国の老いた暦を斬ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結ぶこの改暦事業は、文治国家として日本が変革を遂げる象徴でもあった。改暦の「総大将」に任じられた春海だが、ここから想像を絶する苦闘の道が始まることになるー。碁打ちにして暦法家・渋川春海の20年に亘る奮闘・挫折・喜び、そして恋。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(55

starstarstarstar
star
4.16

読みたい

39

未読

80

読書中

1

既読

501

未指定

360

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

古今東西の本棚

(無題)

starstarstar
star
3.7 2022年05月15日

天地明察 の下巻です。渋川春海 の正しい暦への四半世紀に渡る情熱を感じました。ネタバレになるから書きませんが、あんなどんでん返しがあるとは思いませんでした 。映画では、岡田准一が渋川春海の役なんですね。小説が面白かったから、映画も観てみたいな。 ちなみに、養老猛司先生が面白い解説を書いていました。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください