舞姫・うたかたの記

角川文庫

森 鴎外

2013年6月21日

KADOKAWA

440円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

幼いころから優秀で、勤める省庁から洋行を命じられた太田豊太郎は、数年後、孤独感にさいなまれ、ふとしたきっかけで美貌の舞姫エリスと激しい恋に落ちた。すべてを投げだし恋に生きようとする豊太郎に、友人の相澤は、手を尽くして帰国をすすめるが…。19世紀末のベルリンを舞台に繰り広げられる、激しくも哀しい青春を描いた「舞姫」ほか、「うたかたの記」「文づかい」「普請中」、そして翻訳「ふた夜」を収録。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

23

未読

40

読書中

2

既読

38

未指定

91

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

yamaura

(無題)

starstarstar 3.0 2021年04月17日

舞姫のみ。原文(文語体?)で。 この作品は1890年に執筆されたそうなので、2019年現在で約130年が経過したことになる。現代においては、主人公の選択は非難されて然るべきだが、当時ではそうでもなかったのだろう。そう考えると、100年ちょっとでも世の価値観は大きく変化するのだな…と感慨深い。 主人公がものすごい意志薄弱で優柔不断に読んでしまったが、『当時の背景からすればすぐ日本に帰るのが普通とされるところ、彼にはまだ悩むだけの自我があった』という考察に成程、と思った

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください