魔女の宅急便(2)

角川文庫

角野栄子

2013年5月31日

角川書店

649円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

宅急便屋も二年目となり、キキの仕事は順調です。奇妙な病気にかかったカバ、木の歌声、なんと散歩という目に見えないものまで運び、町の人にも温かく迎えられます。そんなとき、一通の黒い手紙を届けるように頼まれ、もしかしたら運んでいるのは優しい気持ちだけではないかもしれないと悩むキキ。魔女としての自覚や自信喪失を経て、人の気持ちを思いやり、人生の大切なものに気づいていく、少女の成長を描きます。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstarstar 4

読みたい

1

未読

15

読書中

0

既読

27

未指定

60

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstarstar 5.0 2020年05月14日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください