とんずら屋請負帖 仇討

角川文庫

田牧 大和

2013年12月25日

KADOKAWA

704円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

女であることを隠し、伊勢崎町の『松波屋』で船頭を務める弥生。この船宿には裏稼業があった。何かから逃げだいと望む者を、金子と引き換えに綺麗に逃がす、「とんずら屋」。宿に長逗留する丈之進は、こちらもわけあって呉服問屋の跡継ぎを装っているが、国許からの「仇討の助太刀をせよ」との要請に、頭を悩ませていた。そんな船宿に、お鈴という新顔の女中が。どこか武家の匂いが漂うお鈴、それぞれの事情が交錯してー。シリーズ第2弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.85

読みたい

3

未読

0

読書中

0

既読

13

未指定

11

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください