テュポーンの楽園

梅原 克文

2018年3月24日

KADOKAWA

2,035円(税込)

小説・エッセイ

東京都阪納市安須。人口約900人のごく平凡な山間の街で、大規模な洗脳のような異変が発生した。政府は警視庁SIT(捜査一課特殊班)を送りこみ、それに女性陸上自衛官・織見奈々も同行する。だが、精鋭揃いの警察官たちは、何ものかの襲撃により、次々と姿を消していく。そこには想像を絶する怪物「テュポーン」が潜んでいたー!バイオホラー、ミリタリー、アクション、モンスターーあらゆる要素を備えた、圧倒的スケールのエンタテインメント巨編!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

2

未読

4

読書中

0

既読

6

未指定

26

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください