怪盗探偵山猫 虚像のウロボロス

角川文庫

神永 学

2014年10月25日

KADOKAWA

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

鮮やかな犯行のあとには、必ず闇の悪事が暴かれる!これぞ平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!?神出鬼没の伝説の窃盗犯、その名は“山猫”。天才的なハッカー“魔王”が偶然手に入れた携帯番号は、悪事に天誅を下すとして最近、巷を騒がせている謎の集団、“ウロボロス”へとつながっていた。“魔王”と“ウロボロス”、そして“山猫”、3つの正義が火花を散らす。最後に生き残る正義はどれだ!?痛快ピカレスク・ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.68

読みたい

21

未読

26

読書中

0

既読

124

未指定

130

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

ドラマ化

starstarstarstar
star
4.7 2020年04月08日

#ドラマ化 された山猫の原作で、シリーズの1巻と2巻です。#亀梨和也 くんが#山猫 役。とっても似合ってました。いつかドラマ化されるだろーなーと思ってたので、ドラマ化されたときは嬉しかったです。 悪事を暴きついでに金を盗む神出鬼没の怪盗「山猫」。ちょっとふざけたところがあるけれど悪人からしかお金を奪わず、お金を奪ったついでに、悪人を捕らえる、人を殺めたりしない怪盗です。 今回5巻目を久々に読むにあたって読み直しましたが、何回読んでも面白いですね。 でも鼠小僧みたいに下々にお金をばら撒くってことは絶対やらないし、悪人から奪ったほうが犯罪の発覚がしにくいし額が大きいという点で悪人を狙ってるだけなんで、山猫、いい人ではないですね(笑)

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください