ナモナキラクエン

角川文庫

小路幸也

2014年5月24日

KADOKAWA

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「楽園の話を、聞いてくれないか」そう言いかけて、父さんは逝ってしまった。山、紫、水、明と名付けられた僕らきょうだいと、一通の手紙を遺して。僕たちの母親は、4人とも違う。手紙には、それぞれの母親について書いてあった。「必要があると考えるなら、会ってこい」なぜ父さんは、結婚離婚を繰り返し、僕ら「家族」を作ったのか。一夏の旅の果てに明らかになる真実とは…。鮮烈な結末が胸を打つ、ビタースイート家族小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(7

starstarstar
star
3.51

読みたい

1

未読

2

読書中

1

既読

32

未指定

16

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

【楽園の話を、聞いてくれないか】

starstarstarstar
star
4.8 2021年03月23日

【楽園の話を、聞いてくれないか】 そういった父さんは笑みを浮かべ、その続きを言う前に、そのままゆっくりと崩れ落ちるように、台所の古びた床に倒れた。五十六歳だった。あっけないほど、あっさりと。父さんは死んでしまった。 良く言えば自由な人。 悪く言えば勝手な人。 僕の名前は山(サン)、四人兄妹弟の長男だ。山紫水明、それが僕らの名前だ。山(サン)、紫(ユカリ)、水(スイ)、明(メイ)。 僕らの母親はこの家にいない。僕は四人とも異母兄弟だ。母親が全部違う。幸いなのかどうかそれは愛人とかそういうのではなくて、全部正妻のコドモ。つまり四度も結婚して離婚している。それでも兄弟は仲良くお互いを思いあって暮らしている。 父さんがつくりたかった楽園。 それはいったい何なのか。いなくなった母親に会いにいけるように、父さんは遺言を残してくれていた。会いに行ってもいいし、いかなくてもいい。自分たちで決めていいと。【名もなき楽園】の秘密を探して、僕たち一夏の旅が始まった。 自分たちの知らなかった父さん、自由人だった父さん、知れば知るほど、ああ、父さんだな、と思えた。 色々な事情があって、望まれなかった子供たちに幸せを与える。幸せな家庭というものを、ずっとそこで大きくなって、出て行ってからもいつでも戻ってこられる楽園。父さんが望んだ楽園。それは優しくてあたたかくて、涙が出るほどふんわりした居心地がいい場所だった。 文章の隅々から感じられる溢れんばかりの愛情に、笑顔になり優しい涙が出る、そんな家族の物語です。

全部を表示

Natsuiro

恨むのはよくない

starstar
star
2.8 2019年11月16日

4人の兄弟と同じ境遇ではないけど、私の人生もその言葉を忘れず生きたい

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください