つれづれ、北野坂探偵舎(感情を売る非情な職業)

角川文庫

河野裕

2015年3月25日

KADOKAWA

616円(税込)

小説・エッセイ

若き編集者佐々波は、時代遅れになった文学賞の運営を担当していた。胡散臭い上司、口うるさい後輩、再デビューを目論む作家の思惑が絡み合い、賞の選考は進む。そんな中、佐々波は優秀な校正者だった最愛の恋人を突然失う。彼女はなぜ死んだのか?残された疑問に、幽霊となった恋人は答えない。だが事故に遭い眠り続けていた“天才”が口を開く時、すべてのピースが繋がり始めてー小説への、無音の狂気と愛情の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

16

未読

3

読書中

0

既読

10

未指定

14

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください