キマイラ(11)

角川文庫

夢枕獏

2015年2月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ

獣の身で横たわる大鳳を救うべく、雲斎はキマイラを制御する法、月のチャクラの活性化を試みる。一方、道潅と九十九は修行僧・吐月にキマイラに深く関わる「雪蓮の一族」の情報を求めた。吐月は2人に20年余り前のチベットでの体験を語る。そこで吐月は陳岳陵と名乗る日本人に出会っていた。男は外法印ー人が獣になるための印ーを求めチベットにやってきたという。果たして外法印とは!?そして陳岳陵の正体は!?

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

14

未読

9

読書中

0

既読

1

未指定

1

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは2文字以上で検索してください