うちの執事が言うことには(5)

角川文庫

高里椎奈

2015年7月25日

KADOKAWA

572円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

11月も半ばを過ぎ、烏丸花穎の若き当主ぶりも板についてきた。しかし、執事の衣更月が有能すぎることもあり、仕事といえば書類にサインをするばかりの毎日に、花穎は退屈しきっていた。そんなある日、屋敷の地下の鍵のかかった部屋に何者かが侵入する。犯人が残したのは黒封筒と一輪の蒲公英。その花言葉は『解きがたい謎』。これを自分への挑戦状と理解した花穎は、犯人の正体と目的を暴こうとするが…。上流階級ミステリー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(3

starstarstarstar
star
4.27

読みたい

24

未読

12

読書中

0

既読

54

未指定

95

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください