ラプラスの魔女

東野圭吾

2015年5月14日

KADOKAWA

1,848円(税込)

小説・エッセイ

彼女は計算して奇跡を起こす。東野圭吾が小説の常識をくつがえして挑んだ、空想科学ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(108

starstarstar
star
3.71

読みたい

59

未読

82

読書中

11

既読

798

未指定

484

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (4)

azukikaferate

工夫もひねりもない?

star
0.9 2022年07月06日

想像通りの結末で、尚且つ犯罪を立証できずに終わった。被害者冒涜ストーリ? ギフテッドを手術で生み出す。倫理的にもどうにかしてる残念内容。

全部を表示

4eta__

SF

starstarstarstar 4.0 2018年05月21日

ガリレオシリーズに比べて、SF要素が強い。ガリレオシリーズを読むような感じで読み進めていくと期待外れなストーリーに落胆してしまうかもしれない。とはいっても、一読、もしくは映画を見る価値は十分にある。 登場人物の多さ故に、それぞれの人物があまり掘り下げられていない点は残念。 タイトル『ラプラスの魔女』は有名な「ラプラスの悪魔」からきているが、ラプラスの悪魔については知らない方がより序盤を楽しめると思う。 「人間は原子だ。一つ一つは凡庸で、無自覚に生きているだけだとしても、集合体となった時、劇的な物理法則を実現していく。この世に存在意義のない個体などない。ただの一つのして」という発言と「所詮、俺たちは駒だ。しかも、歩だ。世の中を動かしているのは、もっともっと上の存在なんだ。一つ一つ前に進んでいくしかない。ほかのことは考えなくていい」の対比は面白いと感じたので、ここに書いておく。

全部を表示

Shunta

相変わらず最高に面白い

starstarstarstarstar 5.0 2018年05月18日

良い意味で色々裏切られる。登場人物皆幸せになって欲しい。

全部を表示

Readeeユーザー

相変わらず最高に面白い

starstarstarstarstar 5.0 2018年01月02日

良い意味で色々裏切られる。登場人物皆幸せになって欲しい。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください