最後の晩ごはん(刑事さんとハンバーグ)

角川文庫

椹野道流

2015年8月25日

KADOKAWA

528円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

兵庫県芦屋市。警察署と教会の間にある小さな店、それが夜だけ営業の定食屋「ばんめし屋」。元イケメン俳優の五十嵐海里は、料理人見習いとしてここに居場所を見つけた。不仲だった兄・一憲との関係も修復中のある日、突然一憲が店を訪れる。しかし海里は、一憲の親友だという刑事・涼彦を見て絶句する。なんと涼彦には、「マフラーの幽霊」が巻き付いていた。謎のマフラーの理由とは?泣いて笑って心が軽くなる、お料理青春小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(11

starstarstar
star
3.75

読みたい

28

未読

7

読書中

0

既読

87

未指定

79

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください