鬼談百景

角川文庫

小野 不由美

2015年7月25日

KADOKAWA

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

学校に建つ男女の生徒を象った銅像。その切り落とされた指先が指し示す先は…(「未来へ」)。真夜中の旧校舎の階段は“増える”。子どもたちはそれを確かめるために集合し…(「増える階段」)。まだあどけない娘は時折食い入るように、何もない宙を見つめ、にっこり笑って「ぶらんこ」と指差す(「お気に入り」)。読むほどに恐怖がいや増すー虚実相なかばする怪談文芸の頂点を極めた傑作!初めての百物語怪談本。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.57

読みたい

7

未読

21

読書中

3

既読

78

未指定

66

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

山田春

ふとしたときに開いて読みたい

starstarstarstarstar 5.0 2019年03月07日

短いもので数行、長いものでも数ページ。そんな短編集。 短くても行き場のない怖さに囚われてしまう。 読了後はふとしたときに適当に開いて読んだりしても楽しそう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください