エヴェレスト

神々の山嶺

角川文庫

夢枕獏

2015年10月24日

KADOKAWA

1,430円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

1924年、世界初のエヴェレスト登頂を目指し、頂上付近で姿を消した登山家のジョージ・マロリー。登攀史上最大の謎の鍵を握る、マロリーのものと思しき古いコダックを手に入れた写真家の深町誠だが、何者かにカメラを盗まれる。行方を追ううち、深町は孤高の登山家・羽生丈二に出会う。羽生が狙うのは、エヴェレスト南西壁、前人未到の冬期無酸素単独登攀だった。山に賭ける男たちを描いた、山岳小説の金字塔、待望の合本版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(6

starstarstar
star
3.92

読みたい

8

未読

14

読書中

0

既読

30

未指定

40

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (3)

Readeeユーザー

 

starstarstarstarstar 5.0 2021年06月02日

こんな分厚い本、時間かかるだろうなと思ったが、読み始めると夢中になって読み耽った。 ああ、生まれ変わって男になって山に登りたいと思う。 エヴェレストに登るのは無理だから せめて一度でいいからこの目で見てみたい。

全部を表示

Readeeユーザー

山は命がけ

starstarstar 3.0 2020年03月21日

とにかく過酷。でも山に魅せられるっなんか分かるわ。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

-- 2018年11月18日

橋本さん図書カード

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください