一華後宮料理帖

角川ビーンズ文庫

三川みり

2016年6月30日

KADOKAWA

638円(税込)

ライトノベル

『おいしい』-その一言が私の居場所になる。和国で神に捧げる食事を作っていた理美は、大帝国崑国への貢ぎ物として後宮入りすることに。その際、大切な故郷の味を奪われそうになった所を食学博士の朱西に助けられる。彼の優しさに触れた理美は再会を胸に秘め、嫉妬渦巻く後宮内を持ち前の明るさと料理の腕前で切り抜けていく。しかし突然、皇帝不敬罪で捕らえられてしまって?「食」を愛する皇女の中華後宮ファンタジー!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstarstar
star
4.2

読みたい

14

未読

2

読書中

0

既読

23

未指定

24

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

かわいい、おいしそう、トキメキあり。

starstarstarstarstar 5.0 2019年12月10日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください