さよならがまだ喉につかえていた サクラダリセット4

角川文庫

河野 裕

2016年12月22日

KADOKAWA

616円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「私の中のなにかが、リセットを使いたくないと考えている」相麻菫が死んで二週間。中学二年の夏の残骸が香る季節。浅井ケイと春埼美空は、能力で人助けをする奉仕クラブに入部するも、春埼は時間を巻き戻す能力・リセットが使えなくなっていた。感情が能力を拒絶する理由を考える春埼は、ふいに理解する「私は、ケイにー」。ケイと春埼が少女の死と自らの感情に向き合う表題作を含む、6つの青春の断片。シリーズ第4弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar
star
3.8

読みたい

9

未読

3

読書中

0

既読

32

未指定

20

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください