いつか春の日のどっかの町へ

角川文庫

大槻 ケンヂ

2017年2月25日

KADOKAWA

748円(税込)

小説・エッセイ / エンタメ・ゲーム / 文庫

40歳になった年、8年間活動を停止していた筋肉少女帯を再結成。その後、音楽活動では人生何度目かのピークを迎えながら、心の中には常に「アウェイ感」が棲んでいる。このままでいいのだろうか。この先、どうしたらいいのだろうか。これまでの人生でやり残したことはないのか。それが見つかるのだろうか。そして思い悩んだ挙げ句、楽器店でギターを購入した。一進一退の四十の手習いが胸を打つ!笑いと感動の私小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

4

未読

3

読書中

0

既読

2

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください