空想クラブ

逸木 裕

2020年8月28日

KADOKAWA

1,760円(税込)

小説・エッセイ

吉見駿は空想好きな中学生。祖父から受け継いだ“力”によって、見たい風景を「見る」ことができる。かつて共に「空想クラブ」を作った親友・真夜の葬儀の帰り道、駿は河川敷で幽霊となった彼女に再会する。川で命を落とした真夜は、死の瞬間に抱いた「謎」のために、河川敷から動けなくなってしまったという。自分だけが真夜の姿を見ることができると知った駿は、「空想クラブ」の仲間と彼女の死の真相を探っていくがー。横溝賞作家渾身の青春ミステリ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(8

starstarstar
star
3.3

読みたい

7

未読

3

読書中

1

既読

24

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

ゲガンゲン

ある種の「台風クラブ」であり、「あの花」。

starstarstar
star
3.5 2020年10月25日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

金鯱

starstarstar 3.0 2020年10月17日

このレビューはネタバレ要素を含みます全て見る

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください