最後の晩ごはん 地下アイドルと筑前煮(14)

角川文庫

椹野 道流

2020年8月25日

KADOKAWA

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

夜だけ開店、メニューは1種類。海里が働く芦屋の定食屋「ばんめし屋」に、迷惑な酔客が現われた。カラフルな髪色の彼女、レイナは、海里の役者時代のファンだという。しかし彼を見て失望し、品切れのトンカツを食べたいと言うなどやりたい放題。聞けば「人生最後の夜に、憧れの人に会い、大好物を食べたかった」らしい。実は彼女は地下アイドルで、未来に絶望していて…。海里の新たな挑戦にも胸躍る、お料理青春小説第14弾!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(5

starstarstar
star
3.14

読みたい

16

未読

8

読書中

3

既読

88

未指定

91

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください